本文へスキップ

  
新潟県新発田市小舟町1-15-5 電話:0254-22-6450
 
info@kimajime.co.jp

■お客様の声detail

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
 

葛飾区 Y様からのお便り

先日は、遠路新発田からありがとうございました。
玄関簾戸の戸当りも、しっかり張りつけました。

 10月8日の第一弾の御披露目の日に届きました。
建築士の笠井さんと、彼を紹介して下さった友人と3人で、簾戸の設えを絶賛しました。


 注文をお願いする前から夢はふくらみ、どのように出来上がるか楽しみにしていました。
当日は午前4時に出発されたとか・・・お手数をおかけしました。


 建具が家に納まると、不思議に洋室(フローリング)と馴染み落ち着きました。
杉の香りも心地好く、適度な透け感と空気感があります。
室内の簾戸は黒竹と竹ひごが絶妙なバランスをとり、とてもすっきりとしています。

玄関は別デザインの簾戸が入りましたが、モダンで「さる」の錠前と「ひょうたん」の把手がとてもかわいらしく、頭の中で思い描いていた以上に素敵な仕上がりとなりました。

 一年中、簾戸と障子を替えて楽しめるとは、とても素晴らしいアイデアですね。
職人さんの熟練の技が、この美しい建具となり、マンションの狭い家も居心地の好い豊かな空間となりました。

 先人達が伝えた理にかなった建具が、いつまでも続き、愛したいと思う人達が広がると良いですね。

 この御披露目はあと数回予定しています。友人達の反応がとても楽しみです。

 天塩にかけて作って下さった皆様に心よりお礼を申し上げます。
我が家で更に年月をかけて、より味わい深くなりますよう大切に致します。
本当にありがとうございました。

P,S 同封して下さったハガキでは、このうれしさを書ききれませんでしたので、お返し致しますね。私の感想はどうぞ匿名でお願いします。気に入った「はたき」が見つかりませんので、なんとか手作りしたいと思っています。




 
(障子に変えたところ)



 
(リビングからの様子)


 (玄関の簾戸の様子)

 



都会のマンションにお住まいのY様。リフォームする際に簾戸を使って頂きました。
リビングに障子と兼用できるタイプの簾戸を、玄関にも網戸のかわりに開き戸の簾戸をおそろいでつけました。
高層階なので、玄関をあけると風がよく通ります。

建築士の笠井先生がデザインをして下さいました。アルミサッシがすだれから見えないように、
桟の位置を決めたり・・、デザインのプロならではの繊細な心づかいで素敵な簾戸ができました。

Y様より、納品の際、竹に入った水羊羹をいただきました。日本の季節を楽しむ優雅な日々・・憧れます。