本文へスキップ

  
新潟県新発田市小舟町1-15-5 電話:0254-22-6450
 
info@kimajime.co.jp

■お客様の声detail

         10


東京都中央区 I様からのお便り @


建具レターありがとうございます。新潟方面は吹雪とのこと、高橋社長は
無事に帰られましたか?

五十嵐さんがメルマガに進行状況を掲載して下さっているので、袋貼り以後も
気をつけてみていて、大変な作業なので時間がかかるのだと思っていたところ、
26日の朝に電話をいただき、明日届けますとのお話で驚くやら嬉しいやらでした。
ちょうどキッチンの棚の納品のため、自宅にいられましたので助かりました。

あの凛としながらも柔らかい雰囲気に魅了されました。

障子も同じでした。

つくづく、高橋社長がおっしゃることは素直にお聞きしなければと強く納得しました。
今朝も寝室のドアを開けた途端眼に入った障子戸からかすかな光に何とも言えない清々しい
気持ちになりました。

前夜も部屋の中が前日迄より温かく感じられました。

やはり、簾戸は夏のものなのでしょうか。
障子にしても簾戸にしても自然素材の力ってすごいと感じますし、それを生かす工夫をしてきた先人の知恵にも感動しますね。

私の部屋にはもったいないと思いますが贅沢を楽しませていただきますね。
本当に感謝です。

日本の伝統建具が皆さんにもっともっと普及するといいのにと願っています。

やはり子供の頃に感じたぬくもりはDNAとして受け継いでいるのですね。

日本家屋だともっといいのですが、建具だけでも帰宅して引戸を開けて部屋に入ると、
何だかほっとする柔らか味を感じます。

子供達にもこの雰囲気を感覚として残してあげたいと思うのですが、現在の都会の
生活では贅沢なのでしょうか・・・・・



 
東京都中央区 I様からのお便り A
 (新発田に来て下さった後に頂いたもの)

メールありがとうございます。

打合せはとても楽しい時間でした。
好きなことを話している時間はほんと短いものですね。
時間があまったら駅の近くをブラブラ散策をと考えていましたが、足りないくらい
でしたね(笑)機会があればまたゆっくり歩いてみたい趣のある街だと思いました。

自分の部屋の建具が、あの街の空気や高橋製作所さんのスタッフの皆さんのご苦労と一緒に届くのだと思うと、また違った思いも加わった眼で見ることが出来ます。

本当にありがとうございます。






中央区のIさんとは長いおつきあいで、最初は簾戸、そして、お部屋の建具を注文して頂きました。
襖をつくる時に、デザインと襖紙を決めるのに新発田まで来て下さいました。
都会のど真ん中のマンションなのですが、入るとホッとする素敵な空間です。
Iさんは、センスがとても良くて一緒にものづくりをしていると、楽しく勉強になります。
ありがとうございます。